top of page
  • みほデンタルクリニック

冬の歯痛...。

こんにちは♪

歯科衛生士の山内です😊

1月に入り、早いもので2週間が経ちました💫寒さも、これからが本格的ですね☃


突然ですが、皆さん冬になると”歯が痛くなる”なんてことはありませんか??

その歯痛は寒さと関係しているかもしれません...。😣


原因として一番多いのが、歯のくいしばりによって起きる筋肉痛です。

冬の厳しい寒さに耐える時、人は無意識に歯をくいしばっているのです。

特に就寝中はくいしばりが起きやすく、あご付近の筋肉が常に緊張状態にあり、朝起きたときに強い歯の痛みが発生してしまします。

くいしばりは歯の痛みだけでなく、歯の亀裂、破折、動揺(ぐらぐら)、歯周病、顎関節症、知覚過敏、肩こりの症状にもつながります😖💦

対策として、マウスピースを作成し装着するとよいでしょう🤓


寒い時期は、冷たい風、外気で歯が痛むことがあります。

このような温度差によっておこる歯の痛みは、知覚過敏の処置をしたり、口元を覆うマスク、マフラーである程度改善されます😊


冬場は空気が乾いているため、口腔内も乾燥しやすくなります。

口腔内が乾燥し、唾液の分泌量が減ると、虫歯や歯周病にかかりやすくなるため、その結果、歯の痛みとなることがあります🥸

対策として、唾液の分泌量を増やすことです。あご、舌の口回りの筋肉を鍛えたり、食事はよく噛んで食べたり、水分をこまめにとったりと、口腔内が乾燥しないよう心がけましょう‼️🤓


冬の歯痛でお困りなことがあれば、当院へいつでもご相談ください🤗

bottom of page