• みほデンタルクリニック

口呼吸について

こんにちは。

歯科衛生士の山内です😊


今回は、マスク生活による口呼吸についてお話ししたいと思います❗️

現在コロナ禍や花粉症によるマスク生活が続き、1日の半分以上はマスクをしているという方も多いと思います😷

マスクをしていると、口元はつい緩んでしまって無意識に口呼吸になっているかもしれません😣

なぜ、口呼吸は良くないのでしょうか❓

それは・・・🧐


①細菌が含まれた空気をそのまま体内に取り込んでしまう

②口腔内が乾燥する

③舌・口周りの筋肉が衰える

ためです。



①鼻で呼吸をすれば、鼻毛がフィルターとなり、空気中の細菌侵入を抑えてくれます❗️

②口腔内が乾燥すると、歯面に汚れが付着しやすくなり、細菌が増殖します。

すると、虫歯や歯周病、口臭の悪化を引き起こします❗️

③舌の筋肉が衰えると、自然と口が開いてしまったり、就寝時に呼吸がしづらくいびきをかいたり、眠りが浅くなる事もあります❗️


そこでおすすめは2つ・・・


1 口呼吸を鼻呼吸に改善していく

「あいうべ体操」🤓

食後に10回、1日30回を目標に慣れるまでは無理せず、毎日少しずつ続けると、舌の筋肉がついて自然に口を閉じることができるようになります。



2 口腔内乾燥を改善、予防する唾液腺のマッサージ🤓

唾液の分泌を促します。

また、お口を閉じて舌で唇の裏側を円を描くように押して回すことも有効な運動です。



無理せず、毎日継続する事が大切です🥸

マスク生活はまだ続くと思われますが、マスクをしていてもお口の状態を自分なりに時々思い返し、お口を閉じるという意識を持つことが大切ですね🤗✨